医療技術が進んだ時代になったことで

高齢化社会になり、お年寄りと呼ばれる人の数が急速に増えています。若者の数が少なくなり、将来の日本を心配する人も出て来る状況までになって来ていることも確かです。この高齢化社会の原因のひとつには、医療技術の進歩が激しいと言うことになります。昭和の時代には、治すことが出来なかった病も、技術の進歩や薬の改善などから、治すことが出来ることになっています。また高齢者自身の健康志向も高く、医療関係である病院へ頻繁に通う姿もみられます。国の手厚い保護もある、医療費を抑えることが出来、病院へ通うことの負担も少なくなっていることも、この高齢化を推し進めていることになります。中には、病院そのものが老人クラブのようなものとなっているところもありますが、これも技術の進歩と供に先生方の努力があるからこそ、見られる現象とも言えることになります。高齢化社会が続くにしても、心も身体も元気な人が住み続けるような国にすることも大事なことではないでしょうか。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.

医療技術が進んだ時代になったことで